節電のススメ
節電対策、CO<small>2</small>排出削減の具体的な処方箋あります。エネルギー効率を高め、我慢しない節電で、照明、空調で15%削減を実現。

電気量削減15%義務、CO2排出クレジット開始 - 待ったなしの節電状況

震災後の電力不足による15%の電力使用量削減義務、埼玉県や東京都ではCO2排出のクレジット制度が始まるなど、いよいよ、節電を中心としたエネルギー効率を高める必要性が社会の要請として、企業に具体的に求められてきました。
 
こまめな電源のOn/Offといった節電活動はしっかり行うこととして、確実に、節電していくためには、電力機器の消費電力の効率を高めることが最も重要かつ基礎的な対策となってくるでしょう。

節電の中身を知り、対処策を知っておきましょう。

まずは、使用電力量の内訳を知り、具体的な節電効果を知る

商業店舗等、事業所の形態によるものの、なんと電力使用量の約28~35%が照明、39~43%が空調、合計7割~8割を占め、全体の電力量を削減していくには、この二つの領域での削減を実現する必要があるのです。

節電のススメ

照明 - 白熱球からLED照明への変更で照明電力40%削減 >>